取扱い作家ご紹介

 
作者名 特 徴
安土忠久 工房あづち ガラスのぬくもりを感じます。
安土草多 吹きガラスの照明
石曽根和佳子 伸びやかな発想を確かな技術で、掛軸を「今」のものにします。
伊藤岱玲 丹波篠山で作られる清廉な白磁の食器。
岩永 浩 染付命。格調高さの中に愛らしさもあります。
笠原良子 若い感性で 民藝を今に活かします。重ね使いできる器の数々。
加藤隆彦 慶順窯 茶陶が得意ですが 「うす沢」では信楽の日常食器を!
五福香菜子    京焼の技術+(楽・豊・柔)併せ持つ磁器。 
コムロトモコ  aof-kaban 青・藍・紺基調の布カバン。
城崎月甫    気負わず使える若い感性の確かな漆器。 
関口まゆみ 「うす沢」では 主にかんざし。「和」モチーフでありながら洋装にも合う。
豊増晏正 晏正窯 中国景徳鎮の技。やさしい白磁。
豊増一雄 陶房七0八 お父様譲りの白磁の繊細さ。伊羅保のうさぎ香立、急須必見。
中尾郁夫 上品な可愛らしさ。豊かな質感。触れたらわかります。
西村圭介 小振りで手ごろな土ものの急須。
橋本薫 曽宇窯 伝統は踏まえつつ、肩の凝らない九谷。
ハラダノリ   今より魅力的にする帽子。 
福森雅武 土楽窯 掌にしっくりくる汲み出し。ビールマグもあります。
藤吉憲典 花祭窯 骨董の図柄をモチーフに現代に合う「生活の器」蕎麦猪口。造形作家藤吉ケンスケとしても活躍。
村田好美 五力田窯 緑釉のそば猪口。
八島つん    かに爪醤油差し、しいたけの蓋物など楽しい
造形。
 
綿貫哲雄 久呂保窯 古陶に学びつつ、使いやすさも考えて。
江戸木箸大黒屋 納豆箸、一度使ったら手放せません。五角箸、手彫り箸 giftに最適です。
鈴木盛久工房 南部鉄の豆皿、箸置き 使ってみると意外な発見。
土楽窯 黒鍋、文福鍋はじめ「用の美」はここに。